BLOG

工場の屋根を貼替え(上貼り)

今回の案件は、工場の屋根(スレート製)を貼り替えるです。

既設の屋根材を剥がし、新しい物を張り替えるといいのですが、

工場は、1年中稼動しており、なおかつ近年、スレート等の産業廃棄物処理費

が、半端な価格では、ないので、ガルバニウム鋼板を上貼りしました。

工期 借主様 価格の点からも、このやり方が、今回は、ベストかと

まず、荷揚げ レッカー車登場

その後は、写真をご覧ください。 端から端まで、80mあります。www

IMG_1928 IMG_1931 完了 (20) 完了 (21) 施工 (1)

 

あ~あ電気もガスも水道も無いの後編

秋口からこつこつ、始め やがて 冬がきて・・・そして 春 ま~最低限は

出来た感じですかね・・・

土間の整地や、室内家具 照明など エンドレスな項目は除いてね・・

倉庫も、解体依頼のあった中古品を運び組立てました。

では ご覧くださいwwwIMG_1481 IMG_2383 IMG_2387 P1070165 P1070169 電気必要な小屋 木工事24日 (5) 1階 1階2 2階 2階2 IMG_3097 全景1 全景2 倉庫

マンションのインフラを守れ・・・

本日2度目の書込みです。 タイトルはかなりタイソウですが、実際もタイソウでした。

まず、写真上からお解かりの様に、マンション地下部分に電気室があります。

部屋数等も多い建物ですので、外部からの引込み電源トランスには何と

6600Vの文字が・・・その床に有り得ない程の水が・・・・・

電力会社様も直ぐに駆けつけ、大変な騒ぎに・・・このままでは、マンションが

停電及び高額の電気設備が最悪壊れるとの内容・・・

当日は、当社もどこからこの大量の水が来るのか判らず、とにかくバケツ及び

水中ポンプで水位を下げるしか・・・・はたしてこの水 地下水なのかなんなのか・・・

翌日以降調査した結果、なんとマンションの生活排水が、地下埋設部分で破断しており、その水が下の電気室に流れ込むと言う内容でした。

施工調査開始するまでは、毎日3~4t分の水を汲み上げなければいけない始末

事態の解決には、土間をハツリ配管を取り出し修理するか(通路でして・・)

そこで、ヒラメキマシタ・・迂回ルート作成しかないと・・・

あとは、涙ぐましい 男たちの・・・物語でした・・・

てんやわんやで、なんとか今回も事態の収拾がつきまして、電気室も守られました。

では、なんとなく ご覧ください。21日緊急対応 (6) 3月22日繋ぎ作業 (7) IMG_3009 IMG_3011 配管壁製作 (3) 塗装 完了 (1)

 

重機祭り

今年に入りあまりに忙しすぎて、更新できていません。スイマセンw

当社リフォーム会社では、あるのですが2月 3月は 重機に頼る施工が

多くて・・・・ 外注様は忙しいらしく当社でする羽目に・・・

ま~ご覧ください。

最初は、都会の幻想を離れ郊外に土地を買われたお客様の整地作業

 

その次は、倉庫が建っていた基礎部分を撤去するべく・・・

 

では また次回IMG_2974IMG_29753月1日施工 (6) 3月1日施工 (7) 3月1日施工 (10)

緊急事態 天井から水が雨のごとく・・・

こんにちわ 年末押し迫る中皆様今年はいかがだったでしょうか・・

あと、数日で今年2016も終わろうかという所で、いつもお世話になっている

○○○会社の社長室の天井より、室内というのに雨が降ってくるという内容で

緊急に駆けつけました。 いやな予感www

今回のロケーションは、築35年程度の6階建てマンション 問題が発生したのは、1階店舗部分 まず疑うのは上階のお部屋 お客様の了解を得てお部屋に、調査すべく突入 洗面や、流し台の簡単な、露出接続部からの漏水と思いきや、調べが、進む事に・・・・

まず、お湯の熱源は、電気温水器 そこからの、土間埋設部からの漏水(銅管)の破れと思われる。ここを何とか新設(樹脂管にて接続)

これで、安心かと思われたのですが、まだどこかで水が・・・・

再調査の結果なんと、鉄製の配管(昔はあるんです)の底が、穴空きzzz

そこも、不良ヶ所を切断 塩ビ配管にどうにか接続 がしかし・・・

まだありまして・・・電気温水器が不調・・・・これも、逃し弁の故障で交換しました。 なんと今回は、給湯・排水・弁の不調の3点の複合要因にての漏水でした。 手こずらせやがってwwww

12月の末という事もあり、2~3社設備やさんに、工事依頼したのですが、皆さん忙しいと冷たい返事もありまして・・・なんとか当社社員で頑張りました。

2日間で、お湯と排水、内装の復旧も完了しお客様も安心して年越しに望まれると喜んで頂きました。これが何より有り難いですね^^

年末である不便は、今回の漏水案件は、保険適用が、グレーな事案であり、管理会社さんも、保険会社さんも、当社がいくらアクションしても電話でのご返答1つありませんでした。もちろん予算の出所もわからないままの施工になりました。特に保険会社さんにお伝えしたい。あなた方は、お休みかも知れませんが、契約したお客様は、日常の生活があります。それを守らない行為はいかがかと、偉そうな事を言わしていただきます。zzz

ま~直ってよかった^^

しかし、年空け早々にも、下の階 社長室も直さないといかんのです・・・

では 皆様 よいお年を・・・不良排水管 (2) 洗面・浴室新設 鉄~塩ビ排水 電温~流し新設 (5) 電温樹脂接続 電温逃し弁交換 (2)

あ~電気も無い・ガスも無い・水道も無い・・・

今回の案件は、タイトル通り インフラ整備からのスタートです。

どうなることやら・・・・IMG_1476 IMG_1479 電気必要な小屋 IMG_2036 IMG_2032 IMG_2048 IMG_2050 IMG_2055 IMG_2059 IMG_2037

まず、お施主様の購入された土地170坪wwwしかし廃墟と笹だらけ・・

 

①まず、笹の根を掘り起こしつつ、廃墟部分を解体 掘削zzz

 

②唯一残っている、建屋(その昔の蔵でしょうな・・・)ここを拠点に別荘的発想にて開発を進めます・・・

③まず、現段階で解体・笹の根を排除する為に、重機(ユンボ)登場

④掘削のついでに、給排水用の溝(穴)ですな・・道路の枡までは20mはありますが・・

⑤なんとか、掘削した穴に、排水(勾配をつけて・)設置

これは、水道屋さんにお値段聞きましたら、なんと・・・70万wwwwww

予算的に跡が苦しくなるので、なんとか当社写真で、自力で設置

あとで、テストしましたが、うまく流れていました。ホット・・した感じ^^

⑥もちろん、電気もありません。道路電柱までは、約40mzzz

これも敷地内に電柱を埋設設置して、電力会社様の引き込みを待ちます。

 

今回のご紹介はここらまでで

次回は、別荘的建屋の改修の模様をお伝えできればと・・・

しかし、インフラが、全く無い状態での、工事は都会的センスあふれる当社としましては、初めて 勉強にもなります。・・・がんばります・・・・ 以上です。

PS トイレだけは、何とか仮設水洗トイレを設置(豪華だろ・・・)www

タイル外壁の浮き補修工事及び屋上防水

前回の続きになります。

タイルの浮き補修の手順

① まず浮いている部分の穴空け (これが、どれ位の深さまでとは経験がいります)ハイッ・・・

②穴の中のゴミを清掃

③エポキシ樹脂を注入(接着剤の様な物で、浮いたタイルと躯体をもう1度ひっつけます)

④ピンニング (ステンレスのボルトみたいな物を入れ接着材の強度を上げ

外れにくくする)

⑤あとは、乾燥完了後、穴をタイル目地で埋めて終了~~

これにて、浮いていて、落下の危険があった、タイルは安全な状態になりました。

 

屋上防水はいつもの様に、塩ビシート防水

 

あとは、廊下に溝防水後、防滑シート貼りと、大規模改修工事は終焉で

 

次回は、15年後かな・・・では 綺麗になりました。1東面 現状 2東面 削孔 3東面 洗浄 4東面 注入 7東面 完了 2完了 (1) 2完了 (2) PB300226 PC020233

大規模外壁改修工事始まる・・・

肌寒くなりました。皆様いかがお過ごしでしょうか・・

さて 今回の工事は、大規模外壁等改修工事です。

工期は約40日程度 建物構成は、鉄筋コンクリート 道路全面タイル貼り

裏外壁・共用廊下は、パターンのある塗装です。

施工内容は、足場 塗装 シール 防水工事 となっております。

まず 足場がかかりましたので 建物写真でもお解かりの用にタイル浮き

剥れ調査 塗装部分は、コンクリートのクラック・露筋(鉄筋が錆びて膨らみ

コンクリートを剥がす)を調査し施工方法を決める段階です。

タイルの浮きなんかは何故判るのは、皆さん最近のテレビなどでもよく見てらっしゃるでしょうが、棒の先にパチンコ玉の様な物が付いている、チェックハンマーという道具を使い、音で聞き分けるのです。タイルが浮いている場合は、

音がお知らせくてくれるのです。 便利でしょ^~・

そんなこんなで、40日程度の工事が、開始されました。

次回は、シールや塗装風景をアップします。 では また・・・足場 (1) 足場 (2) 露筋 (1) 露筋 (2)

 

ちょっと 一息 246Dino現る・・・

今回は、仕事とは関係ありません・・ハイッ

休日らしい休日を取る事無く50日程度www

少し朝早く起きて 山道を愛車で流していると・・・

なんとおおおおおお 俺の前にいいいいいいいい

Ferrari 246Dino しかも極上な感じ・・・思わず、運転中ですが、i-phone

で撮影してしまいました。(危ない・・すいません)

距離を詰める事無く、約10分程度のランデブー・・・私服の瞬間でした。

こんな感じで幸せを感じる ぼく・・でした。 以上・・・IMG_1522 IMG_1521

 

築45年程度をリノベーションする。

こんにちは

今回は、築45年以上の古いマンションのお部屋をリノベーション

ミッションはとにかく、最低限の設備 内装 そして今回も最低限の予算でwww

現状マンションの構造は、鉄骨(ナイス^^)壁は、ALCか?? 甘かった

外壁は鉄骨の間にブロックww 室内は、木地+バラ板+モルタル+土壁OR綿壁・・・

解体すると、でるわ でるわのガラ及び土・・・

しかし、困難を乗り越えなんとか 台所と、浴室にも給湯配管を運んだり、トイレを向きを替え

設置したりと、ミッションはなんとか、クリアしたかと^^

本当は、キッチンももう少し見栄えがするもの等を付けたかったのですが、設定お家賃との兼ね合いで

今日の所は、これ位にしといたろか・・・てな感じでした。

でも、駅徒歩1分で、お家賃3万円代なんで・・皆さん いかがでしょうか・・・

今回は、この内容のお部屋5室を、同時進行で、8月の最も酷暑の中がんばりました・・

では また次回の案件で 203号 (1) 203号 (5) 203号 (8) 203号 (11) 浴室 施工 (2) 施工 (1) 施工 (6) 施工 (5) 施工 (4) 施工 (3) 完了 (2) 完了 (3) 完了 (4)

 

 

 

▲TOPへ