BLOG

室内イベント施設床工事

今回の案件は、以前より施工方法 工期 予算額と3点かなり悩んでいた案件です。

本案件の施設状況は、320㎡程度の床面積で、既設床は、RCその上に防音用床フローリング材(ゴムの付いているやつです)

この、床材が使用15年程度で表面の傷、表面材の剥がれ、それに伴う段差で非常に見栄えが悪くダンス等では、引っかかったりする状態でした。

本来の改修工事メニューに場合、一度床材は全て撤去し、土間RC部の不陸を調整してもう一度、同じフローリングを直貼りするか、ビニル等で出来た素材を貼るかの

内容となると思います。(この場合、出入り口等の段差に注意はありますが) しかしながら、この工法では、多大の予算及び工期(最低でも10日間)かかりますので、等施設の

使用状況等々で、不可でした。

 

そこで、色々無い頭で検討、先方との調整の結果下の案となりました。

既設床材は、現状のまま残し、段差、不陸等々の部分は、多少の調整

使用する床材は、SINCOR マットネラ置き式 エコ3 150mm×91.4の商材です。(簡単に言えば、フロアタイルみたいな商材)

この、商材の優れた所は、接着材は、タイルカーペット用の接着材を使用するので、傷が付いた部分のみ張替えが可能

ウレタンボンドの様に下地への負荷が少ない。 床材本体も、特殊な製造で温度変化や、引っ張りに対して、対策がなされている。

以上の点よりこの工法を選択しました。

無論予算は、既設を捲り、下地調整、新床材施工の、半額以下 工期の気合の3-4日で完了しました。

 

この、材料の発見まで少々時間が掛かりましたが、日々材料の進化しているのを感じますw

では、ご覧ください。IMG_5462 IMG_5461 IMG_5471 IMG_5464 貼り (2) 下地調整 IMG_6015 IMG_6017 IMG_6018

 

 

 

 

ウッドデッキ下地修理 サンワカンパニー製

今回の事例は、かねてから色々な、施設等で懸案になっている、ウッドデッキの交換及び補修なんですが

一般的には、アイアンウッドという硬い重い木材か、防腐材に漬け込んだ木材が表面材なんです。

問題はその木材が、早ければ10年程度で、経年劣化し割れたり、折れたり破損します。

無論新品に交換すれば良いのですが、現時点では商材の数が少なく、とても高価なので、数年前に見栄え及び

耐久製 コストの面から、良い商材を探していた所、サンワカンパニー様のランネルデッキをいう商材にたどり着きました。

その中でも当社が、選択したのは、品番DE11121です。

長所は、まず、安価(2000*145 D=25)で3、040円 見栄えが良い 腐食しにくく、ささくれが出来ない。固定が専用金具、QCSという

挟み金物で容易

短所もあります。 温度差による伸縮が大きい 2mで細大25mm程度伸び縮みします。よって目地に砂等が噛むと問題が発生します。

とはいえ、見栄えと価格的 施工性において優れていると思います。しかし表面材は良しとして、下地の木組みが、腐ってくるこれは

解決できませんでしたが、満を持して今回、サンワカンパニーさんの新商材を発見しました。この商材は、ハット型鋼 型番DE00809

W90*H40*L3000恐らく亜鉛メッキ仕様かと思われます。これは、錆腐りがないと思います。固定用QCSも鋼材用が用意されており

今回これを使用し、上材はリサイクル 下地の交換を行いました。数年前より、ランネルデッキで施工した案件も順次これに今後

変えていきたいと思います。では ご覧ください。完成写真を撮り忘れましたが、現状と仕上がりは同じです。現状 (2) 既設撤去 (1) 既設撤去 (2) 鋼板下地設置 (1) 鋼板下地設置 (2)

放課後デイサービス 

今回のご依頼は、放課後デイサービスの整備です。

台風案件も、一通り落ち着き(当社はですが)久しぶりの内装メインの作業でした。

扉の大きさの規定や、段差の規定等は有りましたが、久しぶりの内装改修工事で、楽しかったです。

入所者の方々の年齢も、小学生・中学生中心であり、室内の遊具等も目新しく感じました。

壁にクライミング等の設備も設けて、雰囲気満点です。子供達に喜んでもらえるといいな~~

P1100359 P1100360 P1100361 P1100364 21日施工 (3) 1月28日現在 (2) 9日完了 (13) 9日完了 (14) 9日完了 (23) 9日完了 (21)

新年おめでとうございます。

2019年が始まりました。

昨年は、災いが多い年でもあり当社も、地震 台風の復旧作業に年末ギリギリまで、追われました。

が・・・年末に新しい依頼が 工期3日で、約300㎡の床材を貼替えて頂きたいという依頼

28日施設の正月休みを利用しての施工です。

3日の工期及び予算より可能な、工法を考え施工しました。既設床材を全ては、捲らず高さの、クリアランスが

重なる部分のみ撤去し、段差調整、貼込みです。

久しぶりの、災害復旧以外の工事でした。

今年も、誠実にお客様のお喜びになる様、頑張っていきたいと思います。

では また次回撤去作業 (9) 撤去作業 (12) 下地調整 (1) 下地調整 (4) 完了 (3) 完了 (9) 完了 (11)

外壁塗装のついでに・・・

今回の案件は、台風の影響で被害を受けたお宅が、被害修理と外壁塗装を同時に施工されました

案件の1部をかいつまんで、報告させて頂きます・

外壁のお色を、現状アイボリーより、薄いグリーンに変更されたのですが、現状ある腰下のタイル面

が、あまりにイメージに合わないので、グリーンの壁 ブロンズの玄関扉に合う、デザイン色に変更する

内容です。

施工は、既設のタイルにまず、一度白の塗装で、下地を作り、イメージに合う色目に変更です。

7~8色使う感じですかね・・・ではご覧ください。私的にはいい感じになったと・・・

お客様も若い夫婦でお喜びです^^IMG_4786 IMG_4791 P1100397 P1100396 IMG_4789 P1100395 P1100405

 

電気温水器より漏水案件

電気温水器排水(オーバーフロー)より漏水案件です。

建物構造は、RC 階層は5階 部屋は、1DK

上階6階の電気温水器排水より、漏水

原因は、電気温水器のバルブ不良で、溜まらなくてはいけない水が、溜まらず、オーバーフロー管で

排水に流れてしまい、本来流れなくてはいけない水が、排水口もしくは、排水管の詰りで溢れ、土間に

流れ出し、床下に広がり下階へ漏れたという内容です。

無論、相当量の水が下の階に漏れ出しました。

今回の問題点は、1997年製の電気温水器のバルブ不良と、排水の詰りが重なった点です。

バルブは、最低でも10年程度で定期的に交換しないと、手痛い目にあいますね・・・603温水器 (2) 603温水器 (1) 503ボード下地施工 (3) 503PS内現状 (3) 排水現状 (1) 排水現状 (2) 503PS内現状 (2)

給湯配管より漏水案件 

台風被害の案件が、未だ片付かない状況ですが、室内床より温泉が沸いているとの案件です。

建物は、RC 階層は1階 給湯器は、リモコンで温度調整出来ないタイプ80度のお湯を送る。

ご連絡内容は、2ヶ月位前より水道料金が以上に上がっており、床下が暖かい様なという内容でした。

目星は、給水・給湯・排水のどれかだと 暖かく、湯気がという聞き取りより、給湯配管不備の疑いが

濃厚です。

あちこち、床下を見て発見 浴槽(ユニットバス)下に通る、給湯配管(銅管)に穴が・・・・

浴室の小さな点検口より作業するしかありません。(あと少しズレテいると、ユニットを解体しないと)

施工できなかったかもです。

不良銅管を撤去 狭いヶ所で、銅管の繋ぎは不可能なので、樹脂管+フレキ配管に交換

無事、温泉状態は解決しました。

不良配管 施工ヶ所 新規接続 (1) 新規接続 (2) 新規接続 (3) 不良配管

鉄部の塗装 疎かにすると・・・

台風21号の被害復旧もある程度落ち着き・・・ 実は、波板等材料の不足による納期待ちや、足場架払いが

見通しが経たない為 施工日程が組めないという事態で少し落ち着いています。

台風以前より、施工していた、マンションの非常階段部の施工をご紹介します。

築25年程度の、鉄骨ALC構造のマンションの非常階段部です。素材は、ケコミ ササラ部構造は鉄です。

踏込み部のみ、モルタル 仕上げ、元々は、塗装仕上げ。

施工前写真は、ノンスリップを取外した状態での撮影です。

現状階段部は、直接的な雨はあたらない、状況ですが、吹込み、上階からの流れ水にはさらされている

状況です。 錆が発生し、長年放っておくとこの様に、穴が開き、鉄板膨れ 既に溶接で新材料の溶接も

出来ない状態です。考慮しケコミには、アルミ複合板を専用接着剤で貼り、塗装する内容としました。

アルミ板が、剥がれ無い様、ノンスリップの垂れの多きい、寸法の物に変更しました。

鉄部の塗装を疎かにすると、この様な状態になり、本マンションも、あと2-3年施工が遅ければ、鉄階段は

補修不可能となっていたと思います。

階段現状写真 (1) 階段現状写真 (3) 階段現状写真 (5) 各階 蹴上げ処理 前 各階 蹴上げ処理 前2 P9160146 P9160156

 

 

 

台風被害2

台風21号で甚大な被害を出した我が町大阪ですが・・24号もまたしても・・・

被害にあわれた方、お見舞いを申し上げます。

当社も全力を尽くし、被害の復旧に無休で取り組んでおります。

21号の通過より、約1ヶ月がもうじき迎えようとしていますが、未だ、ブルーシートだらけの屋根・屋上

等あり無力さを感じております。ご連絡して頂いたお客様には、出来るだけ、昼夜問わず伺い、最善の

対策を、とらして頂いている毎日です。

今回は、屋根等下から目視で確認しずらい被害 又は 応急対策の対応検討にドローンが、大変役に

たっています。お客様にも実際の空撮でのご説明は大変よろこばれています。

1部ですが、ご紹介したいと思います。なお、このページの写真を見て今後の台風や風の被害の対策

に参考として頂ければ、幸いです。特に瓦の被害が多く、瓦は、大屋根から、ずれ落ち、下の下屋の瓦

を破壊し、細かくなると、風に舞い他のご家庭の、ガラス等を破壊すると今回は、瓦の恐ろしさを

痛感しました。(瓦が悪いとの指摘ではありませんが、メンテナンスされていないと凶器になります)1上空写真 (1) P1090959 シート完了 (3) 外部フェンス 現状 (2) P1100099 仮 養生 (2) 寝屋川 借家 (3) 撤去完了 (3) 開口邸 (3) 施工 (3) 空撮 (4) 現状 (5)

台風21号の被害 大阪

今年が、異常なのか、長い地球の生い立ちからして、普通なのか、猛暑の中、地震・・・そして台風

20号の被害もままならない中に21号と大変な状況です。被害にあわれた方、お見舞い申し上げます。

我が家も近隣の住宅で、屋根瓦の被害がとても多かったです。

4日以来、毎日屋根等に上がり、復旧作業(架設ですね・・・)に従事しており、当社、ご贔屓のお客様だけでも

いつまで、通常に戻すのにかかることやらと、まー頼りにして頂いているので、頑張ります・・・

雨の水漏れもそうですが、意外と風の対策がなされておらず、築25年以上辺りで、今回南側の風で条件が

悪い、建物が甚大な被害をうけました。屋根事飛んで、道路を塞いだり、屋根瓦の、棟部分(頂点ですね)

が、飛び、瓦自体重いのでそれが、他の瓦を割り、さらにそれが飛びと悪循環です。

多少の個人情報も含まれてるとは思いますが、今後の屍にと映像をアップします。

当社も今後、風の被害も考慮して心して作業に励みたいとおもいます。

P1090884 P1090887 P1090890 P1090894 1 安井邸 河野邸 現状 (4) 河野邸 現状 (6) 外部フェンス 現状 (1) 飛散物 (2)

1 / 712345...最後 »

▲TOPへ