お知らせ

大阪北部地震 被害例④ 大阪府豊中市

本事案は、9階建RCの建物 2つの建物が、エレベーターホールの廊下で繋がっている、ツイン状態

繋ぎの部分は、ある程度、建物どおしを離して(50mm程度)建ててあります。地震対策ですね。

そのままでは、隙間があるので、エキスパンションという、金物で隙間を塞いでいます。

無論、片方が、動いても破損しない取付けですが、今回の地震は結構、動きが複雑だったのか

このエキスパンが、他の建物でも結構歪んだり、外れたりしていました。

まーそうなる運命の部品なんですがね・・・修理はしないと、見栄えがわるいです・・・

あとは、揺れ方向に、外壁に固定してあった、手摺の留め金が外れたりといった感じです。

こちらは、豊中市なんですが、地盤の関係でしょうか?揺れ方向でしょうか?結構、高層階では

揺れたと、住人様がおっしゃっていました。無論室内もかなり散乱されたとか・・・でも御無事でなによりかと

こちらは、これから修理を始める所です。 曲がった物は、殴打して直せる所は直し、アンカーの強度を

変え打ち直し、エキスパン廻りの、RCの剥離は、オーバーサイズのエキスパンを製作して隠そうかと

今回、ぶつかって割れたのなら、次回のそうなるでしょうから・・・

では 今後も事案を紹介したいと思います。

PS こちらの、マンションも致命的な被害は無いようです^^
P1090297 P1090298 P1090299 P1090304 P1090305 P1090307 P1090311

 

 

大阪北部地震 被害例③ 大阪市東淀川区

本事案は、東淀川区のマンション

構造は、鉄骨+ALC+タイル

この、パターンは柱が、揺れる(問題無い)ALCパネル動く(左右上下には、ある程度のクリアランス用目地

シールがある) しかし、タイルは動けない 動くと割れる。

この様な、メカニズムで写真の様な状態になっています。

タイルも建物下の方で、剥れかけているなら良いのですが、ある程度の高さの所では凶器になります。

緊急に外れそうなタイルを撤去(案の定 写真で良くわかりますが、割れ出しているヶ所は、ALCパネル同士のジョイント部です)

今後、割れたALCパネルを整形し、新しいタイルを貼る感じです。

が、同じ要に揺れるとまた同じ様な事が起こります。

矛盾を感じながらの、修理となりそうですね・・・
エントランス外南側 (3) エントランス外南側 (5) エントランス外南側 (6) エントランス外南側 (8) エントランス内側 (2) 南側階段裏 (3)

今回も、目視ではありますが、建物本体のダメージはほぼ無いと、私は考えます。

タイルで無く。塗装なら、落下では無く、クラックだったと考えます。

無論、タイルを否定している訳ではありません・

大阪北部地震 被害例② 池田市民会館

通常は、施設名は出さないのですが、今回は、某所各地で被害が出たので

今後の対策の為にもと考え名を記載しました。

まず、被害が出た場所が、会館内の多目的スペースという、大勢の方が集う

場所であった事 約500㎡程度 天井の高さが、6m~7m程度あるという事

天井から、色んな物が落下してきた場合、怪我ではすまないと思われます。

実際、地震直後の散乱状態は酷い物で、1.2mある照明のカバーが落ちたり

格子上のガラリ 天井のボード 電球といった感じでした。

幸い、発生時刻が、8時前と使用していない時間帯でしたので、事なきを

得ましたが・・・

さて、この案件は、数年前に耐震対策はされていたという事でした。

なるほど、主となる柱等は、丸型の強固な鉄柱でなおかつ、力の逃す為

それが、動ける状態にしてあり、天井を支える梁にしっかりジョイントされている、物でした。が・・・・ 天井全体がある程度動いて力を逃す構造なのに

その柱の廻りの、天井材は、柱にピッタリ付いている状態です・・・

当たり前ですが、柱の廻りの壁は、歪で破れ、色んな所に力を掛け、照明を

落したり、とお粗末な感じがするのは、私だけでしょうか?・・・

あと、かなりの、㎡数の天井を釣って居る、支柱の細く、長い事 約1m釣っています。かなりの、揺れになったと思われます。

とは言え、使用者様が、日程を組みお待ちになっているので、至急のある程度の使用に耐えれる現状復旧をと、頑張りました。柱の廻りは、50~70程度動いても大丈夫な様に、仕上げ材とのクリアランスを取り、ウレタン樹脂製の板を

丸型(柱のデザインと合わす)で空いた隙間を塞ぎ、今後は直接仕上材に

支柱の力がかからない様にしました。

本事案は、建物の根本的な構造等は、ほぼ被害がないのですが、他の付属物の落下等で、被害が出る事案でした。 ちなみに、屋上高架水槽部のALCパネルの落下もぞっとしますね。幸い人が居なかったです。R奥壁現状 エアコン葺き出し部修理 (2) 現状 (9) 現状 (13) 現状 (20) 鉄製支柱廻り修理 (7) 鉄製支柱廻り修理 (9) 鉄製支柱廻り修理 (15) 天井ボード補修 (3) 天井照明修理 (3) 鉄製支柱廻り修理 (1) 現状 (1) 現状 (2)

 

大阪北部地震 被害例① 大阪市福島区

先日起きた大阪北部地震の被害事案を、掲載します。

写真も見た目に皆さまも、怖い思いをお持ちになるでしょうが

建物の基本構造等々では、見た目は酷くても、致命的なダメージでは

無い事柄も多いですので、一概には申し上げれませんが、あまり過度な

御心配はいらない事もあります。

むしろ建物も重要ですが、皆さまのお休みになるお部屋や、おくつろぎになるお部屋の家財・家電の固定等の方が、重要な場合もあります。

今回の写真のマンションは、大阪市福島区です。

構造は、鉄骨+ALC6階建 目視の被害は、主に1~3階辺りでした。

他の建物は室内などは、高層階の方が大きかったのですが地域、地盤によってそれぞれ違う感じです。

修理方法としては、ALCパネルの欠落・欠損部は樹脂モルタルにて整形修理

クラック等は、VもしくはUカットにて、少しヒビを広げ、エポキシ樹脂もしくは

シーリング材を注入後、段差をそろえて、塗装し美観と強度を取り戻す方法です。ブロック等は、写真でもお解かりの様に本来建物との繋ぎ部に鉄筋等が

入っていない為、外れてしまいました。マンション本体は、鉄骨構造である程度揺らして揺れを逃す。でも横のブロックは、揺れたら割れるもしくはズレルですので、お互いのゆれ方が違うのでこうなりますね。離れてしまった物は元には戻らないので、ブロックは解体するか、スチールの強固な金物でお互いを固定するかになります。

何にせよ、この事案は写真ではとても酷く見えますが、実は壊れている部分で力を逃しているので、何度も申しますが、致命的では無いを考えます。

無論、見た目はそうではないので、お化粧直しはしますが・・・

では 次回次の事案とします。
1階非常階段扉 (2) 1階階段土間 (2) ポスト横欠損割れ P6220065 P6220015

震災後取り敢えずの、安全対策

C3424F36-0E36-476C-8F15-7F6EE46EEDA3FD5D2109-1815-44FC-A368-6F64421C1065C3424F36-0E36-476C-8F15-7F6EE46EEDA3CAED06A1-465E-4211-B5FA-A3E32568BDC4
大阪地震から、約1週間が経ちましたが、皆さまご無事でしょうか。

当社にも、日が経つごとに被害の報告があり対策に追われております。

今回の、事案は建物のタイルが、剥がれかけているので、取り敢えずは

落ちそうな分のみ、撤去し下側の通行の安全確保という内容です。

高さは、10メートル程度あり、足場設置は時間と予算がかかるので今回は、得意のロープで

まだまだ、被害案件がありますので落ち着いたら、上げます。

家具が倒れたり、壁や床にヒビが入ったりと心配な事柄も多いでしょうが、ひび割れ等は、実は皆さまが、考えてる程大した事柄でも無い場合もあるので、冷静にお願いします。むしろ、今すぐ出来る、家具 家電の固定や置き方の工夫にと考えます。

 

ロープ作業 Part3・・・

神戸のあるマンションの屋上部です。

屋根カラーベストの取合い、棟と呼ばれる部分が、外れて無い状態でした。

現場は、7階部分 地上20メートル以上 足場は費用対効果の観点より無しでの施工はこれしかありませんw

何とか復旧完了です。
完了 P1090101 P1090076

2018 池田城跡能舞台

季節の移り変わりは早いもので、毎年この春終盤の季節に、池田市の城跡

で行われる、能のイベントに携わらせて頂いております。

当社のミッションは池の上にあるデッキの上で、能楽師様が華麗に舞える様

床材を組み・目付け柱といわれるものを設置する内容です。

ロケーション 季節共に最高なイベントです。皆さまも一度是非・・・

IMG_3091 IMG_3096 IMG_3095

在来浴槽浴室よりユニットバス入替え

今回の案件は、10階建のマンションの10階浴室辺りから、下の階9階へ

多量の漏水を起こしている事柄が発端でした。

調査開始したのですが、10階の浴室はユニットバスでは無く、床はモルタル

+タイル 壁は、タイル貼り 危険な感じがしたのですが、案の定、浴槽を

持上げると大量の水溜りが、本来なら、あるはずの、防水層の不完全な感じ

でしか、見当たりません。浴槽よりの排水も詰り(排水口の写真あり)最悪な状況でした。通常の修繕作業では不可能と判断しユニットハスへの入替えを決行しました。

この場合やはり、既設の撤去作業が大変ですね。近隣入居者様への御迷惑も相当なものでしたし。皆さま大変御迷惑をおかけしました。この場をお借りして・・・・

では、ご覧ください。 ユニットに交換したので、今後は安心ですが、やはり

100万円
IMG_3090 IMG_3081 IMG_3085 IMG_3086 IMG_3082 IMG_3083 IMG_3088 IMG_3084 IMG_3087 IMG_3089
程度+税は、尾家主様には・・・と考えます。

 

外壁及び屋根塗装

以前現状写真をUPしたお宅の完成写真です。

既設窓枠が、白なので、淡いブルーの外壁色が良く似合っていると

思います。 屋根の撮影は、ドローンを使用 ご覧ください。
IMG_3066 IMG_3067 IMG_3068 IMG_3070 IMG_3069

外壁塗装

今回のお客様は、築25年程度 そろそろ外壁塗装をと

構造は、木造+スレートサイディング+吹き付け塗装

屋根は、カラーベストでかなり遣れがあります。

施工内容としては、サイディング+サッシ廻りのシーリング

塗装パターンの再構築+塗装 屋根は、遮熱塗料にて塗装

施工状況は、2~3回に分けご覧頂きます。(実は雨が多くて

工程通り進んでないw)

写真でもお解かりの様に、窓には、ステンドガラスがありかなり

お洒落なお宅です。塗装後が楽しみですね^^
IMG_2404 IMG_2405 IMG_2424 IMG_2425 IMG_2427 IMG_2428

▲TOPへ